ハモンズ、シードラウンドで大和企業投資から資金調達

ハモンズは、シードラウンドで大和企業投資が運営管理する大和スタートアップ支援投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施した、と発表した。今後は、ベビー服EC「べびちゅ」で培ってきたアルゴリズムをさらに進化させ、「FULL KAITEN」というサービス名で2017年7月中を目途に全国のECにクラウドサービスとして提供していきたい考えだ。

ハモンズは、シードラウンドで大和企業投資が運営管理する大和スタートアップ支援投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施した、と発表した。

同社は、2012年5月に創業された会社。2014年2月よりベビー服EC「べびちゅ」を運営する中で、「不良在庫リスクを極小化する独自アルゴリズムの開発」に成功し、年間17回転という驚異的な在庫回転率を達成。これにより、不良在庫リスクがほとんどないEC運営を行ってきた。

今後は、「べびちゅ」で培ってきたアルゴリズムをさらに進化させ、「FULL KAITEN」というサービス名で2017年7月中を目途に全国のECにクラウドサービスとして提供していく予定。FULL KAITENは、ECが持つ在庫の実力を可視化し、売上増加、不良在庫削減、粗利率改善を行うことができる、EC特化型のグロースハックツールになるとのこと。

今回の資金調達により、プロダクトのマーケットフィット、UI/UXの改善、初期ユーザーの開拓を進めていく姿勢だ。