ハウスコム、ビットエー、データセクションが慶應大萩原研究室と産学協同で「人工知能ボット」を開発

ハウスコム株式会社、株式会社ビットエー、データセクション株式会社は、本日、慶應義塾大学理工学部情報工学科萩原研究室と共同でより実践的な対話型人工知能およびカンバセーションエンジンの開発を開始したことを発表。

ハウスコム株式会社、株式会社ビットエー、データセクション株式会社は、本日(9月28日)、慶應義塾大学理工学部情報工学科萩原研究室と共同でより実践的な対話型人工知能およびカンバセーションエンジンの開発を開始したことを発表。

今回の「対話型人工知能bot開発」に関する産学協同開発は、誰でもサーバー上に仮想人格を構築、対話できるサービスへの展開を想定しての開発。ハウスコムの蓄積データとプラットフォーム、データセクションの大量データと機械学習のノウハウ、ビットエーのUX設計力、慶應義塾大学理工学部情報工学科萩原研究室で蓄積された対話モデルの研究成果を活かし、実験段階より一歩進んだより実践的な対話型人工知能サービスを開発することで、一般層への普及を目指す。

また今回の施策は、「顧客ユーザーとの継続的なエンゲージメント構築」に課題感を持っていたハウスコム株式会社からの提唱ではじまり、ユーザーが進んでエンゲージメントを取り続けることが可能なカンバセーションAI、およびこれを組み込んだ実際のサービス開発を行うプロジェクトとして発足した。

今回の「対話型人工知能bot開発」に関する産学協同開発によって、不動産業として触れてきた多くのユーザーのニーズとライフスタイルの中から『ペットとの時間』に着眼し、AIカンバセーションエンジンを開発することで、ペットの仮想人格をユーザー自身が作成できるようになり、チャット上での対話が楽しめるサービス「仮称:A.I. PET(アイペット)」を創り、ユーザーとの継続的なエンゲージメントを構築したい考えだ。