バーチャルな物体に触れる力触覚提示デバイス「EXOS」が誕生…exii 山浦氏「指先に直接力を与える」新しいデバイスがVRの可能性を広げる

exiiiは、外骨格型の力触覚提示デバイス「EXOS(エクソス)」を発表した。「EXOS」は、内蔵するモーターによりユーザーの手指に反力を与えることで、実際に物に触れたような感触を再現することができるデバイス。VRを用いたゲームや、ロボットの遠隔操作、手を動かすリハビリテーション等への応用が可能。

exiiiは、本日(1月18日)、外骨格型の力触覚提示デバイス「EXOS(エクソス)」を発表した。

exiiiでは、これまで、オープンソース電動義手HACKberryの開発を進めてきた。今回、そこで得られた技術・知見を活かし、「プロダクトを通じて人間の可能性を広げる」というミッションに向けて、新しいプロダクト「EXOS」の開発に取り組んだ。

「EXOS」は、内蔵するモーターによりユーザーの手指に反力を与えることで、実際に物に触れたような感触を再現することができるデバイス。VRを用いたゲームや、ロボットの遠隔操作、手を動かすリハビリテーション等への応用が可能。

また「EXOS」では、独自の外骨格機構で、ガタや歪みを抑え、関節角度や力を正確に伝えることができる。さらに、義手開発の知見に基づいて配置された四箇所の関節は、摘まみや握りといった手の基本的な動作を十分にカバーすることができる。

今回発表した「EXOS」について、Pedia Newsでは、exiiiの代表である山浦博志氏からコメントをいただいた。

**今回発表させて頂いたEXOSはモーターと外骨格機構の組み合わせにより指先へ直接力を与えます。これにより従来のデバイスでは実現できなかった、手が物に触れた際に生じる反力を再現することが可能です。このデバイスを通じてexiiiはVRの可能性をさらに広げます。ぜひ今後の展開にご期待下さい。**(exiii 代表 山浦博志氏)