ドローン技術ベンチャー企業、アイ・ロボティクスが資金調達

株式会社アイ・ロボティクスは、株式会社アルコパートナーズおよび外部投資家1名に対して第三者割当増資を行ったことを発表した。なお創業直後には、個人投資家の千葉功太郎氏に第三者割当増資を行っている。

株式会社アイ・ロボティクスは、株式会社アルコパートナーズおよび外部投資家1名に対して第三者割当増資を行ったことを発表した。なお創業直後には、個人投資家の千葉功太郎氏に第三者割当増資を行っている。

アイ・ロボティクスは、テクノロジーのインテグレーターとしてドローンに限らずロボティクス全般における最先端テクノロジーの発掘と開発、およびスピーディな事業化をミッションとして掲げる会社。

また3月には、テクノロジーインテグレーションのひとつの形として、24時間以上飛行可能なドローンを利用し、コストを抑えつつ全地球を網羅する空中インフラの構築を目標の一つとして発表。その実現に向けて、数か月以内に日本からシリコンバレーまでVTOL型ドローンで飛行することをグランドチャレンジとして設定している。

今回の資金調達によって、国内に限らず世界に視点を向けることで数々の地球規模の社会課題を解決していきたい考えだ。