ドローンのCLUE、ANRI・コロプラ千葉氏・フリークアウト佐藤氏から資金調達

ドローン関連事業を手掛ける株式会社CLUEは、ANRI2号投資事業有限責任組合、株式会社コロプラ<東証1部: 3668>の取締役兼Co-Founderである千葉功太郎氏及び株式会社フリークアウト<マザーズ: 6094>の取締役兼COOである佐藤裕介氏を引当先とする第三者割当増資による資金調達を実施した、と発表した。

clue0

ドローン関連事業を手掛ける株式会社CLUEは、4月1日、ANRI2号投資事業有限責任組合、株式会社コロプラ<東証1部: 3668>の取締役兼Co-Founderである千葉功太郎氏及び株式会社フリークアウト<マザーズ: 6094>の取締役兼COOである佐藤裕介氏を引当先とする第三者割当増資による資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達は、2015年2月に実施したANRIを引当先とする資金調達に続き、2度目となる。

CLUEは2014年に設立された会社。「ドローンであらゆる産業に恩恵を」をミッションに掲げ、ドローン用データ管理クラウドサービス「DroneCloud」、ドローン専用メディア「DRONE BORG」、ドローン空撮サービス「DRONE BORG Air」を運営する。

「DroneCloud」は、ドローンを活用して事業を営むすべての事業会社の皆様が円滑に業務を進められるよう、業務で発生する各プロジェクトや取得したデータ、飛行ログなどを一元管理できるクラウドサービス。空撮、建設、測量、インフラ点検、災害活用、農業など幅広い産業分野でご利用いただける汎用的なツールの提供を目指している。

clue1

また、「DRONE BORG」は海外のドローン関連スタートアップや国内外の規制・ドローンの活用事例・有識者のインタビューなどを掲載するドローン専用メディアで、「DRONE BORG Air」はドローンを利用した空撮・測量のサービスやそれらについての有益な情報を発信するサービス。

今回の資金調達によって、同社は、エンジニア採用による開発体制の強化を行い、ハードウェア及びクラウドの開発とサービス展開を進めていきたい考えだ。