ドレイパーネクサス・ベンチャーパートナーズ、技術者/研究者向け共創型グローバルスタートアッププログラム”Road to Silicon Valley”を開催

ドレイパーネクサス・ベンチャーパートナーズは、2016年11月19日から2016年2月12日の期間中、米国シリコンバレーと東京にて、企業内技術者及び大学研究者が開発リーダーとして本気で世界を目指して開発に取り組める環境を作り、起業家と共に世界展開できるテクノロジースタートアップを創出する少数精鋭のインキュベーションプログラム”Road to Silicon Valley”を実施した、と発表。

ドレイパーネクサス・ベンチャーパートナーズは、9月12日、2016年11月19日から2016年2月12日の期間中、米国シリコンバレーと東京にて、企業内技術者及び大学研究者が開発リーダーとして本気で世界を目指して開発に取り組める環境を作り、起業家と共に世界展開できるテクノロジースタートアップを創出する少数精鋭のインキュベーションプログラム”Road to Silicon Valley”を実施した、と発表。

インターネットがハードウェア、ロボティクスや人工知能、拡張現実などと結びつき、より人間に密着した存在として変革をもたらし始める現在、技術力で世界を先導してきた日本が再び世界の注目を浴びている。

志ある技術者・研究者にとって今は、インターネットビジネスの聖地シリコンバレーで起業家やソフトウェアエンジニアと共に新事業領域において、開発リーダーとして活躍できる絶好の機会だ。

ドレイパーネクサス・ベンチャーパートナーズは、本プログラムを通じて、東京・シリコンバレーにおいて、キャリア設計、製品サービス設計、事業計画、創業チーム組成、資金調達の一連を支援することで、グローバルスタートアップの創出を目指す。

以下、プレスリリースより掲載。

* 【募集予定人数】
* 最大5名
* 【応募条件】
* 対象技術領域(後述)における研究・開発実績
* 博士号以上、28~38歳が望ましい
* 重要課題を解決する製品サービス開発に対する情熱
* 起業家と共にグローバルビジネスを創業成長させる志
* 【費用】
* 無料。ティム・ドレイパーへの最終プレゼン招待に係る交通費、宿泊費は当社負担。その他実費部分は自己負担。

* 【選考過程】
1. 書類選考:10月24日〆切
レジュメ及び以下内容のスライドを募集サイト([http://www.road-to-silicon-valley.com/](http://www.road-to-silicon-valley.com/){: target=”_blank”})を通じて送付
* 専門技術及び開発実績・研究成果、対象技術領域との関連
* どのような課題に挑戦し、どのような製品・サービスを作りたいか
* なぜグローバルな成長をする事業に対する志があるか
* (任意)創業過程、人生設計、チーム組成における自身の役割などでどのような悩みがあるか
2. 面接:11月12日あるいは13日
3. 結果発表:11月15日前後

* 【対象技術領域】
* Internet of Humans: インターネットがロボティクス、人工知能、拡張現実などと結びつき、より人間に密着した存在として、人々の生活に変革をもたらす分野における技術領域。更に以下の四領域に分かれる(重複可)。