ドリームインキュベーター、チャットメッセンジャー機能を簡単に実装できるLayerに投資…戦略的パートナーシップを締結

株式会社ドリームインキュベータは、チャットメッセンジャー機能を自社サイト・サービスに容易に実装できるSaaSを提供する米国・サンフランシスコのLayerに投資すると同時に、戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

DESCRIPTION
株式会社ドリームインキュベータは、5月26日、チャットメッセンジャー機能を自社サイト・サービスに容易に実装できるSaaSを提供する米国・サンフランシスコのLayerに投資すると同時に、戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

今回の資金調達について、ドリームインキュベータによれば、Layerがアジア展開を見据えていたためだという。

DESCRIPTION

Layerのチャットメッセンジャーは、①既存プラットフォームへの依存度が低く、②セキュリティが担保されており、③カスタムの自由度が高い点に優位性がある点が魅力。さらに、数行のコードを加えるだけで簡単に実装可能。そのため、企業は、これまでポリシー変更やセキュリティ等の観点で、チャット機能を実装することを躊躇していたとしても、顧客とのコミュニケーション密度を高めながら高い付加価値を提供できるようになる。現在、Layerの顧客数は500社以上。

また、Layerの創業者Ron Palmeri氏は、シリコンバレー有数のシリアル・アントレプレナーの1人。すでに、Layerは、Salesforce Venturesなど著名なベンチャーキャピタルから投資を受けている。

今回の資金調達によって、Layerは、ドリームインキュベータと協力し合いながら、日本とアジア展開を強化していきたい考えだ。