ドコモとDeNA、自動運転車両の遠隔管制における5G活用に向けた共同実証実験に合意…最初の実験はDeNAの無人運転バス「Robot Shuttle」

株式会社NTTドコモと株式会社ディー・エヌ・エーは、自動運転車両の遠隔管制における第5世代移動通信方式(5G)の活用に向け、実証実験を共同で進めることに合意した。

株式会社NTTドコモと株式会社ディー・エヌ・エーは、11月11日、自動運転車両の遠隔管制における第5世代移動通信方式(5G)の活用に向け、実証実験を共同で進めることに合意した。

今回の取り組みは、運転手のいない自動運転車両の遠隔管制を目的に、遠隔地にいるオペレータと自動運転車両の間を超高速・大容量通信、低遅延、超多数の端末接続を特徴とする5G無線技術でつなぐ実証実験を実施するもの。

まずは、走行中の自動運転車両周辺の高精細映像を自動運転車両に設置したカメラを通じて取得し、5G無線技術を用いて伝送する実験を開始する。

今後は、5G無線技術におけるドコモのノウハウと、自動運転技術を活用したモビリティーサービスの設計におけるDeNAのノウハウを組み合わせ、遠隔地からの自動運転車両の監視や乗客へのサポートなど、より安心・安全に自動運転を利用するためのサービスについて5Gを用いて実現することにより、運転手のいない自動運転の実現に貢献していきたい考えだ。

なお、2016年11月17日〜18日までドコモR&Dセンタ(YRP)で開催するイベント「DOCOMO R&D Open House 2016」にて、最初の実験となるDeNAの無人運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」に搭載したカメラからの映像を5Gで伝送するデモンストレーションを見れるという。