ドイツワインマーケットプレイス企業Vicampo.de、シリーズCで約7億円調達

ドイツのワインマーケットプレイス企業Vicampo.deは、シリーズCで、Passion Capitalとe.venturesより530万ユーロ(約6億6,051万円)を調達した、と発表した。

Vicampo.de/
ドイツのワインマーケットプレイス企業Vicampo.deは、2月24日、シリーズCで530万ユーロ(約6億6,051万円)を調達した、と発表した。

今回のラウンドには、Passion Capital、e.venturesと資産運用管理会社が参加している。

同社は、2012年、Felix Gärtner氏、Max Gärtner氏、Daniel Nitz氏によって設立された会社。現在、1,000以上のワイナリーから約1万本のワインを取り扱う。同社によれば、2015年の通期売上は1,200万ユーロ(約14億9,550万円)、とのこと。

なお、今回の資金調達により、同社は、プラットフォームの開発と事業拡大を強化していく、としている。