ドイツのオリジナルメガネECサービス「Brillen.de」、TCVから約52億円を資金調達

ドイツのオリジナルメガネECサービスBrillen.deを運営するSuperVista AGは、Technology Crossover Ventures(TCV)から4,500万ユーロ(約52億円)の資金調達を実施した、と発表した。

ドイツのオリジナルメガネECサービスBrillen.deを運営するSuperVista AGは、[7月7日](https://www.pehub.com/2016/07/technology-crossover-ventures-invests-49-8-mln-in-brillen-de/
){: target=”_blank”}、Technology Crossover Ventures(TCV)から4,500万ユーロ(約52億円)の資金調達を実施した、と発表した。

TCVは、Altiris、C|NET、ExactTarget、Expedia、Facebook、Fandango、FX Alliance、GoDaddy、Genesys Software、Groupon、HomeAway、Netflix、Spotify、VICE Media、Zillowなど200社以上のベンチャー企業へ投資している。

今回の資金調達で、TCVは、米国・欧州をはじめとしたグローバルでの事業展開を支援する。

SuperVistaは、2012年に設立された会社。SuperVistaでは、非常に手頃な価格で高品質なメガネをオンライン上で販売。700以上のメガネ店と提携しており、大規模な流通ネットワークを持っている。もともと加速経営の企業として誕生後、地元の提携メガネ店とのネットワークを活用してオリジナルメガネECサービスBrillen.deをはじめた。

Brillen.deは、費用対効果の高いマーケティング、高品質なプロダクト、競争力のある価格設定、懇切丁寧なカスタマーサポートを通じて、欧州のメガネ市場で一定のシェアを獲得するなど急成長している。クレディ・スイスの最新レポートによると、欧州のメガネ市場は2017年までに300億ユーロ(約3兆5,000億円)に達すると言われている。

今回の資金調達によって、SuperVistaは、キーマンの採用を進めるとともに、ドイツ、オーストラリア、スペイン(Gafas.es)、英国(Specsfactory.co.uk)の他に新たな市場へ参入し、事業を拡大を目指したい考えだ。

なお、今回の資金調達は、TCVにとって、初めての家族経営企業への投資で、2016年1月から現在までのドイツのベンチャー企業が実施した資金調達としては最大規模となった。