デジタル動画のViibar、日本経済新聞社と資本業務提携

デジタル動画のViibarは、日本経済新聞社(日経)と資本業務提携に関する契約を締結し、同時に他2社、電通デジタル・ホールディングス(DDH)が運用する電通デジタル投資事業有限責任組合(電通デジタル・ファンド)およびグロービス・キャピタル・パートナーズを含む計3社に対し総額約4億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

デジタル動画のViibarは、日本経済新聞社(日経)と資本業務提携に関する契約を締結し、同時に他2社、電通デジタル・ホールディングス(DDH)が運用する電通デジタル投資事業有限責任組合(電通デジタル・ファンド)およびグロービス・キャピタル・パートナーズを含む計3社に対し総額約4億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

これにより、近く日経が新設するデジタル広告の制作や企業のコンテンツマーケティングを支援する新組織「Nブランドスタジオ」と共同チームを立ち上げ、それぞれの顧客基盤・ブランド価値・メディア運営ノウハウなどを相互に活用し、両社の強みを活かした新しいサービスの開発・運営を推進していきたい考えだ。

なお、具体的には、①「NIKKEI STYLEのコンテンツ開発および広告販売」、②「動画広告商品の共同開発および販売」、③「企業の動画コンテンツマーケティングの支援」をしていく予定。