ディープラーニングのLeapMind、伊藤忠テクノロジーベンチャーズやアーキタイプベンチャーズからシリーズAで総額3億4,000万円を資金調達

ディープラーニング技術を活用した企業向けのソリューションを提供する、LeapMind株式会社は、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、Visionnaire Ventures Fund、アーキタイプベンチャーズ株式会社より、総額約3億4,000万円の資金調達を完了した、と発表した。

ディープラーニング技術を活用した企業向けのソリューションを提供する、LeapMind株式会社は、9月6日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、Visionnaire Ventures Fund、アーキタイプベンチャーズ株式会社より、総額約3億4,000万円の資金調達を完了した、と発表した。

LeapMindは、ディープラーニング技術を「コンパクトに、シンプルに」することで誰でも簡単に使えるプラットフォームを作る会社。複雑で煩雑な技術を実社会に還元させ、世の中を一歩先に進めることを目指す。

LeapMindでは、計算やネットワークの圧縮/最適化など小さいコンピューティング環境でも稼働する技術を保有し、硬貨サイ ズのCPU環境でも ディープラーニング環境を動かすほどコンパクト化することでIoTやロボットへの技術適用を可能にし「すべてがつながる世界」を実現する。

今回の資金調達によって、LeapMindは、ディープラーニング技術をこれまで以上に多くの企業に利用してもらうために開発するプラットフォームサービス「Juiz System」を更に強化していきたい考えだ。具体的には、従来大きなマシンパワーや高電力が必要であったディープラーニングを、計算やネットワークの圧縮/最適化技術の研究開発を行うべく、新たな従業員の雇用やオフィス移転等に資金を充てる予定。

また、今回の発表に合わせて、安達俊久氏の顧問就任と本社移転も明らかにした。

安達氏は、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズにて、長年ベンチャー支援・投資業務に従事し、日本国内外に置いて幅広い人脈を構築し、特にシリコンバレーのトップティアVCとの人脈を強く持つ人物。今回の起用により、LeapMindは、経営面を強化する。

なお、本社移転については、事業拡大に伴う人員増加に対応するため、本社を東京都渋谷区3丁目(東京都渋谷区渋谷 3-15-3 土屋ビル 3階)へ移転。これにより、一層の業務効率化と提供サービスの価値向上を図る考えだ。