ディープラーニングのABEJA、産業革新機構とアーキタイプベンチャーズから総額5億3,000万円を資金調達

ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJAは、株式会社産業革新機構(INCJ)とアーキタイプベンチャーズ株式会社(ATV)が運用するアーキタイプベンチャーファンド投資事業有限責任組合を引受先とする総額5億3,000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJAは、7月25日、株式会社産業革新機構(INCJ)とアーキタイプベンチャーズ株式会社(ATV)が運用するアーキタイプベンチャーファンド投資事業有限責任組合を引受先とする総額5億3,000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

今回の資金調達で、INCJで戦略投資グループのマネージングディレクターを務める安永謙氏を社外取締役として2016年6月30日付に迎え入れる。また、ATVは、B2B/B2B2Cの領域における豊富な知見を借りて、 事業開発等の支援する。

ABEJAは、AIのブレークスルー技術で、蓄積されたビックデータから人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「ディープラーニング」を活用したサービスを提供。これまで、ディープラーニングを活用し様々な情報を収集・解析・可視化するクラウドサービス「ABEJA Platform」を小売・流通業界を中心に国内の100店舗以上(2016年7月25日時点)で導入されている。

また、2016年6月にはダイキン工業株式会社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターとディープラーニングを活用した協業を開始して製造業界にも進出。

今回の資金調達について、ABEJAは、先行して提供を進める小売・流通業および新分野において、ディープラーニングの事業化およびその普及を加速すべく、研究開発の強化等を目的に行うもの。

今回の資金調達によって、ABEJAは、研究開発や事業推進に活かし、 ディープラーニングの活用で、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進し、産業構造の変革に貢献することを目指す。