テンセント、投資スタートアップまとめ【2016年4月】

本サイト「Pedia News」で紹介したスタートアップやベンチャーキャピタルのニュースを交えながら、「Pedia News」が厳選したスタートアップとベンチャーキャピタルのまとめニュースを紹介する。今回「Pedia News」では、Tencent<HKG: 0700>が4月に投資したスタートアップを紹介する。

tencentmatome0400

4月29日は祝日ということで、本サイト「Pedia News」で紹介したスタートアップやベンチャーキャピタルのニュースを交えながら、「Pedia News」が厳選したスタートアップとベンチャーキャピタルのまとめニュースを紹介する。

Tencent<HKG: 0700>は、アジア最大のインターネット企業。インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat」、中国版Facebookの「Qzone」、インターネットポータルサイト「QQ.com」など様々なインターネットサービスを提供する。

今回「Pedia News」では、Tencentが4月に投資したスタートアップを紹介する。

### Beijing Weiying Technology(シリーズC)

tecentmatome0401

中国・北京を拠点に映画のチケット予約マーケットプレイスを運営するスタートアップ。
中国国内の200以上の映画館を網羅している。
Tencentの他に、Ocean Capital、iDreamsky Technology、Dalian Zeus EntertainmentからシリーズCで4億6,200万ドル(約500億円)の資金調達を実施している。

### G7(シリーズC)

tecentmatome0402

中国・北京の物流データ解析スタートアップ。
Tencentの他にTemasek、Eastern Bell Venture CapitalからシリーズCで総額4,500万ドル(約50億円)の資金調達を実施している。

### Homelink(シリーズB)

tencentmatome0403

中国のO2O不動産スタートアップ。
不動産賃貸と中国不動産売買に焦点をあてる。

* 参照記事:中国不動産スタートアップHomelink、バリュエーションは約7,000億円か

### iCarbonX(シリーズA)

tencentmatome0404

中国のヘルスケアスタートアップ。
人工知能を使ったデータ分析で、デジタル時代に最適なヘルスケアサービスを提供する。

* 参照記事:中国ヘルスケアスタートアップiCarbonX、シリーズAで約170億円を資金調達…アジア史上最速のユニコーン企業へ