テレビ局・制作会社向けVRソリューション「GuruVR Media Pro」のジョリーグッド、gumiから1億円を資金調達

テレビ局・制作会社向けのVRソリューション「GuruVR Media Pro」などを開発運営する株式会社ジョリーグッドは、本日、株式会社gumiから1億円の資金調達を実施した、と発表した。

テレビ局・制作会社向けのVRソリューション「GuruVR Media Pro」などを開発運営する株式会社ジョリーグッドは、本日(8月30日)、株式会社gumiから1億円の資金調達を実施した、と発表した。

ジョリーグッドは、独自に開発した撮影手法と、端末の傾きだけで直感的に操作できるスマートフォン向けのVRアプリケーション「GuruVR」を2015年9月に発表し、2016年5月には、サントリー「MASTERS DREAM VR」などを開発。

2016年6月には、VRコンテンツ市場の活性化と品質の向上を目的として、テレビ局や制作会社が短期間で高品質なVR事業を始めることができるVR導入ソリューション「GuruVR Media Pro」を提供開始し、北海道放送の「HBC VR」、MTS&プランニング(テレビユー福島系制作会社)の「アクアマリンふくしまVR」、東海テレビのSKE48「美浜海遊祭2016VR」、テレビ西日本の「VR九州」などを展開。

今回の調達資金によって、ジョリーグッドは、さらなるVRソリューションの拡充、開発・営業体制の強化、そして海外展開を推進していきたい考えだ。