テクノスデータサイエンス・エンジニアリングとフィスコ、クラウド型人工知能金融市況サービスを研究開発

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社と株式会社フィスコは、FinTech分野においてクラウド型人工知能金融市況サービスの研究開発にむけて業務提携した、と発表した。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社(TDSE)と株式会社フィスコは、8月5日、FinTech分野においてクラウド型人工知能金融市況サービスの研究開発にむけて業務提携した、と発表した。

なお、今回の提携におけるビッグデータの収集、システム開発においては、フィスコグループでFinTech分野に注力するシステム開発子会社である株式会社SJIが参画する。

TDSEは、各業界・業務毎に経験豊富なデータサイエンティストを多数保有しており、高度な解析スキルを強みとしている。金融業界においてもビッグデータ解析でマーケティング戦略立案やリスク管理に役立つサービスを提供しており、それらノウハウを醸成した独自のAI製品「scorobo」を提供している。また、さらなる拡張を目指して、業界・業種別に使用できる「Omni-Scorobo」も発売し、顧客層拡大を図る計画も進めている。

今回の業務提携に先駆けて、互いの強みを活かし、人々の投資、経済行動における意思決定に必要な最適なインテリジェンスを提供するため、FinTech分野で業務提携を行い、その一環としてクラウド型人工知能金融市況サービスにむけた研究・開発に着手している。これにより、フィスコのサイバー空間での知名度を梃子として、投資家と企業IRをつなぐ独自のプラットフォーム構築を目指す。

今後について、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングとフィスコは、フィスコの迅速かつ正確な情報の分析力・編集力・配信力を中核とする資産とTDSEの豊富なデータ解析技術によるシナジー効果を出すことで、両社は市場の拡大に沿った売上拡大を図るべく、ビジネスを展開していく、としている。