タシナレッジ、予算管理SaaS「DIGGLE」正式版とSaaS事業者向けKPI管理テンプレート「BTI for SaaS」をスタート

タシナレッジ株式会社は、同社運営の予実管理SaaS「DIGGLE」の正式版、およびSaaS事業社向けのビジネステンプレートインターフェース(BTI)の提供を開始する、と発表した。


タシナレッジ株式会社[](http://www.diggle.jp/){: target=”_blank”}は、同社運営の予実管理SaaS「DIGGLE」の正式版、およびSaaS事業社向けのビジネステンプレートインターフェース(BTI)の提供を開始する、と発表した。

これまでにベータ版の登録ユーザー数は400アカウントを超える。なお正式版リリース後も、基本機能である予算シートの作成、実績シートの作成、予実管理ビューの作成機能等は、引き続き無償で利用できるという。

DIGGLEは、予算管理業務の効率と精度を高めるクラウドサービス。DIGGLEの予算作成業務に関数は不要で、必要な情報を入力するだけで誰でも簡単に予算案が作成できる。また、案件管理のためのプロジェクトを提供しており、収益性の良い案件を一目で確認できる。さらに、複数組織の予算と実績も、マウスで選択してクリックするだけで、予実差分レポートが自動で作成されるのも嬉しい。

一方SaaS事業者向けのテンプレートは、DIGGLEが提供する最初のビジネステンプレートインターフェースだ。

「BTI for SaaS」では、SaaS事業者向けに特化した予算作成と実績入力のための特殊シートを提供。これを利用すれば、予算の特殊シートを、予算起算月の月初売上高と顧客数を入力し、月別に目標とする顧客単価、新規獲得顧客数、チャーンレートを入力するだけで、SaaSビジネスのKPIであるARPAやLTV、ネット売上チャーンレートなどのKPIが自動で算出され予算計画をたてることができる。利用方法は、最初の2カ月間が無料でトライアル利用でき、その後は月額50,000円(税別)で継続利用できるという。

これにより、月次損益予実管理とKPI予実管理を行っている予算管理担当者は、複数シートの管理、複雑な計算式や関数を組み込んだスプレッドシートを利用しなくても、予算の作成や実績の管理を簡単に行うことができるようになる。加えて、期中の予算見直しも、実績に基づいたKPIを利用して簡単に修正シミュレーションを行うことができる。

DIGGLEは、私自身の体験に基づき開発に着手したサービスです。数値結果の原因を探るための予実管理には様々なシステムからダウンロードしたデータの管理、統合が必要となり、そのために多くの時間が取られていました。また、既存の予算管理ソリューションの導入には多大な価格と人材リソースがかかることも知っていました。DIGGLEは、最新のテクノロジーで予実管理業務を誰でも簡単に行えることを実現したくて開発しました。そしてその先には、意思決定に必要な示唆を迅速かつ正確に与え、利用者を最適な経営戦略に導くサービスを目指しております。(タシナレッジ株式会社 代表取締役 山本清貴氏)