タイオートファイナンス企業Eastern Commercial Leasing、プレミアファイナンシャルサービスと資本業務提携

タイで自動車販売金融を提供するオートファイナンス企業Eastern Commercial Leasing Public Company Limited(ECL)<BKK: ECL>は、2月29日、プレミアファイナンシャルサービス株式会社(PFS)と資本業務提携した、と発表した。

ECL

タイで自動車販売金融を提供するオートファイナンス企業Eastern Commercial Leasing Public Company Limited(ECL)<BKK: ECL>は、2月29日、プレミアファイナンシャルサービス株式会社(PFS)と資本業務提携した、と発表した。

ECLは、2004年、タイ証券取引所に上場して以来、タイにおける豊富な経験と人脈を活用し、オートファイナンスを中心に事業を展開する。

PFSは、日本国内においてオートクレジットやワランティ(自動車保証)を全国の自動車販売店を中心とした約30,000店(2016年1月現在)の加盟店網に提供する。

EasternCommercialLeasing_1

今回の資金調達により、ECLは、経営基盤の更なる強化、そして、PFSが日本国内で培ったオートファイナンスやワランティ(自動車保証)のノウハウ及び日系企業の信用力を活用したい考えだ。