ソフトバンク x OpenStreet x あさひ、自転車シェアリングサービス事業で事業提携

株式会社あさひは、OpenStreet株式会社およびソフトバンク株式会社と、自転車シェアリングサービス事業において事業提携をしたことを発表。今回の事業提携によって、あさひは、OpenStreetとソフトバンクが提供する自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を活用して自転車シェアリングサービスを運営する事業者に対して、自転車の提供やメンテナンスなどを実施する。

株式会社あさひ](http://www.cb-asahi.co.jp/){: target=”_blank”}は、[11月10日、OpenStreet株式会社およびソフトバンク株式会社と、自転車シェアリングサービス事業において事業提携をしたことを発表。

今回の事業提携によって、あさひは、OpenStreetとソフトバンクが提供する自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を活用して自転車シェアリングサービスを運営する事業者に対して、自転車の提供やメンテナンスなどを実施する。

「HELLO CYCLING」は、スマートフォンを利用して登録された駐輪場「ステーション」の検索、自転車の利用予約、決済までの一連の手続きを簡単にしていただくことができるシステム。

「HELLO CYCLING」を利用すると、ユーザーは、交通系ICカード登録を行い自転車に設置された操作パネルにICカードをタッチするだけで、「スマートロック」を開錠でき、予約をせずに自転車を利用できる。また、「HELLO CYCLING」に登録された「ステーション」であれば、借用元とは異なる事業者が運営する他エリアの「ステーション」でも自転車の返却ができ、相互乗り入れが可能。1アカウントで最大4台の自転車を利用できる。

一方、自転車シェアリングサービス運営事業者は、「スマートロック」にGPS機能が搭載されているため、管理サイト上で利用状況やステーションの空き状況をリアルタイムで確認し、適宜売り上げ管理や料金設定を行うことができる。セットで提供される「スマートロック」と操作パネルを自転車本体に取り付けるだけで、安価に導入できるのも魅力だ。