ソフトバンクと先進モビリティ、合弁会社を設立…ソフトバンクが先進モビリティへ5億円を出資

ソフトバンク株式会社と先進モビリティ株式会社は、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化に向けた合弁会社「SBドライブ株式会社」を設立することで合意した、と発表した。また、合弁会社の設立に合わせて、ソフトバンクが先進モビリティの第三者割当増資を引き受け、5億円を出資することも明らかにした。

softbankauto
ソフトバンク株式会社と先進モビリティ株式会社は、3月29日、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化に向けた合弁会社「SBドライブ株式会社」を、2016年4月に設立することで合意した、と発表した。また、合弁会社の設立に合わせて、ソフトバンクが先進モビリティの第三者割当増資を引き受け、2016年4月に5億円を出資することも明らかにした。

SBドライブは、東京大学生産技術研究所次世代モビリティ研究センターの技術を基に自動運転技術を軸とした先進的なモビリティー社会の実現を目指す。先進モビリティや、通信基盤やセキュリティー、ビッグデータ分析・利用などのノウハウをもっている。

今回の合弁会社設立と資金調達によって、SBドライブは、ソフトバンクと連携し、さらにヤフー株式会社などが協力する体制のもと、自動運転技術を活用した特定地点間のコミュニティーモビリティーや、隊列および自律走行による物流・旅客運送事業などの社会実証・実用化に取り組む。

これにより、ソフトバンクと先進モビリティは、自治体をはじめ、物流・旅客運送事業者や一般ユーザーが、自動運転技術を活用したスマートモビリティーを安心して利用できる社会の実現を目指し、サービスを構築していきたい考えだ。