ソフトバンク、フィンテック事業へ本格参入!スマホ向けオンライン証券会社「One Tap BUY」へ出資

ソフトバンク株式会社と、スマートフォン向けのオンライン証券会社である株式会社One Tap BUYは、フィンテック分野における個人向け投資管理サービスの事業推進を目的として、ソフトバンクがOne Tap BUYに10億円を出資した、と発表した。

ソフトバンク株式会社と、スマートフォン向けのオンライン証券会社である株式会社One Tap BUYは、7月25日、フィンテック分野における個人向け投資管理サービスの事業推進を目的として、2016年3月にソフトバンクがOne Tap BUYに10億円を出資した、と発表した。

One Tap BUYは、日本で初めてスマートフォンで証券取引に関する全ての手続きを行えるオンライン証券会社。2015年12月に第一種金融商品取引業者として登録し、2016年6月1日より、スマートフォン向け株式取引アプリケーション「One Tap BUY」を提供開始。

一般的には、スマートフォンでオンライン証券を利用する場合、10タップ以上画面操作が必要だが、「One Tap BUY」は「ロゴマークで銘柄選び」「買う(売る)」「確認」の3タップだけの簡単操作で株を売買でき、見やすいデザインレイアウトにより一目で投資した株式の状況を確認することができるなど、スマートフォンで株式取引をする際の使いやすさを徹底的に追求した点が特長だ。

現時点では、アップルやコーチ、コカコーラやウォルトディズニーカンパニー、フェイスブック、スターバックスコーポレーションといった30銘柄の有名海外ブランドの米国株を1万円単位で購入が可能。これまでに、ダウンロード数は3万5,000件以上で、20代から60代まで幅広い層のユーザーが利用。特に20代後半から40代前半の年齢層の方が多く、全利用者の半数以上の方々が投資未経験。今後は、2016年度中に日本株・ETFの取り扱いも開始する予定。

今回の資金調達によって、One Tap BUYとソフトバンクは、より緊密なパートナーシップをもとに、両社サービスの連携を図り、お客さまの利便性と付加価値の向上を目指していきたい考えだ。