<速報>ソニー中国子会社、索尼電子華南有限公司の売却を発表 譲渡価格は約99億円を見込む

ソニーの中国完全子会社である索尼(中国)有限公司は、11月7日、完全子会社であり、カメラモジュールを製造する索尼電子華南有限公司(Sony Electronics Huanan Co., Ltd.)の持分の全てを中国深圳欧菲光科技股份有限公司(SHEN ZHEN O-FILM TECH. CO., LTD.)に対して譲渡する旨の法的拘束力を有する確定契約を締結した。譲渡価額は9,500万ドル(約99億円)の見込みで一定の調整を経た上で確定予定。

ソニーの中国完全子会社である索尼(中国)有限公司は、11月7日、完全子会社であり、カメラモジュールを製造する索尼電子華南有限公司(Sony Electronics Huanan Co., Ltd.)の持分の全てを中国深圳欧菲光科技股份有限公司(SHEN ZHEN O-FILM TECH. CO., LTD.)に対して譲渡する旨の法的拘束力を有する確定契約を締結した。譲渡価額は9,500万ドル(約99億円)の見込みで一定の調整を経た上で確定予定。

ソニーでは、かねてよりカメラモジュール事業の規模の適正化について検討しており、今回はその一環の取引だという。

なお、譲渡益の影響は2016年11月1日に発表した2016年度の連結業績見通しには含まれていない、という。