ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」から初めての独立!成功者続出の習慣化サービス「みんチャレ」運営のエーテンラボ、シードで総額6600万円を資金調達

成功者続出の習慣化サービス「みんチャレ」を運営するエーテンラボ株式会社は、ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」から独立し、ソニー、第一勧業信用組合、フューチャーベンチャーキャピタル、GA1号投資組合・GA2号投資組合、吉田行宏氏などより、シードラウンドで総額6600万円の資金調達を実施した、と発表した。

成功者続出の習慣化サービス「みんチャレ」を運営するエーテンラボ株式会社は、ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」から独立し、ソニー、第一勧業信用組合、フューチャーベンチャーキャピタル、GA1号投資組合・GA2号投資組合、吉田行宏氏などより、シードラウンドで総額6600万円の資金調達を実施した、と発表した。

習慣化サービス「みんチャレ」は、ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」(SAP)から生まれたサービス。SAPの第2回オーディションを通過し、ソニー・コンピュータエンタテインメントの社員であった長坂剛氏を中心に、ソニーグループ内外から結成されたチームでソニー新規事業創出部 A10 Projectとしてこれまで活動してきたが、経営のさらなるスピードアップと外部との連携強化のためエーテンラボ(A10 Lab Inc.)として独立することになった。

今回の資金調達によって、事業拡大のために採用を行い、他のサービスとの連携や企業向け継続率向上ソリューションの展開を加速していきたい考えだ。