スローガン、シンガポールのREAPRA Venturesなどから総額約1億4,000万円を資金調達

スローガン株式会社は、シンガポールの投資会社であるREAPRA Ventures Pte.Ltd.などから総額約1億4,000万円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

スローガン株式会社は、8月15日、総額約1億4,000万円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

今回のラウンドには、シンガポールの投資会社であるREAPRA Ventures Pte.Ltd.、社員持株会、数名の個人投資家が参加した。

スローガンは、「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで、新産業を創出し続ける」をミッションに掲げる。

スローガンでは、これまで10年間にわたってベンチャー企業の新卒採用領域を中心に実績を積み重ねいたが、昨年(2015年)より本格的に、中途採用領域やベンチャーキャピタル投資領域にも事業領域を拡張し始めている。

今回の資金調達によって、スローガンは、既存事業の体制強化をしながら、ミッションの実現に向けて必要な周辺領域の新規事業の立ち上げを強化していきたい考えだ。

なお、スローガンによれば、東南アジアを中心に事業展開をするREAPRAグループとの連携も強化して、アジア規模での事業展開の足がかりも模索していくという。