スマホ版Craigslist!ユニコーン企業『OfferUp』VS『Letgo』の資金調達まとめ

今回Pedia Newsでは、『OfferUp』と『Letgo』のこれまでの軌跡について紹介する。OfferUpは、シリーズDでPEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)Warburg Pincusから1億2,000万ドルを調達。バリュエーションは、2年前の7,000万ドルから大幅に上昇し、12億ドルでユニコーン企業の仲間入りを果たしている。

「スマートフォン版Craigslist」とも言える、今の時代に合わせた再発明をして全米で人気を博す、クラシファイドサービス『OfferUp』と『Letgo』。

『OfferUp』と『Letgo』の魅力は、何と言っても、スマートフォンから、中古車、スマートフォン、古着など何でも簡単に売買できる点だ。

今回Pedia Newsでは、『OfferUp』と『Letgo』のこれまでの軌跡について紹介する。

### OfferUpとは?

OfferUpは、2011年、Nick Huzar氏とArean van Veelen氏によって設立された会社。今年(2016年)3月時点で、取引数は前年同期比13倍に増加、ダウンロード数は1,800万ダウンロード以上。

##### 参考記事

* 米国ユニコーン企業Offerup、2015年の流通総額は1兆5,000億円以上…創業から5年で達成

OfferUpの従業員数は、2016年6月時点で90名。6月17日には、元グーグルのPeter Wilson氏がヴァイスプレジデントとして入社。

### Letgoとは?

Letgoは、2015年、Jordi Castello氏、Alec Oxenford氏、Enrique Linares氏によって設立された会社。今年5月(2016年5月)には、スペイン・バルセロナの地元密着型マーケットプレイス『Wallapop』の米国事業を事業買収している。

### OfferUp VS Letgo

#### 資金調達額は?

OfferUpは、今年8月に、シリーズDでPEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)Warburg Pincusから1億2,000万ドルを調達。バリュエーションは、2年前の7,000万ドルから大幅に上昇し、12億ドルでユニコーン企業の仲間入りを果たしている。

* **シリーズA** 2013年8月 Jackson Square Venturesから280万ドル
* **シリーズB** 2014年3月 Andreessen Horowitz、Jackson Square Ventures、Third Kind Venture Capitalから1,580万ドル
* **シリーズC** 2015年3月 T. Rowe Price、Allen & Company、Tiger Global Management、Andreessen Horowitz、Coatue Management、Third Kind Venture Capital、Vy Capitalから7,300万ドル
* **シリーズD** 2016年8月 Warburg Pincusから1億2,000万ドル
* **シリーズD2** 2016年11月 Max Levchinから1,100万ドル

一方、Letgoは、今年5月にシリーズBで南アフリカのNaspers、アクセル、フィデリティの投資部門、Insight Venture Partners、New Enterprise Associates、Northzoneから1億ドルの資金調達を実施している。

* **シリーズA** 2015年9月 Naspersから1億ドル
* **シリーズB** 2016年3月 Naspers、Accel、Fidelity Growth Partners Europe、Insight Venture Partners、New Enterprise Associates、Northzoneから1億ドル

#### ダウンロード数は?

12月27日時点で、米国のApp Storeで、OfferUpとLetgoのアプリダウンロードランキングを比較すると、OfferUpが総合ランキング143位、Letgoが172位にランクインしている。

OfferUpは、7月29日にバージョン2.8.8をリリースし、チャット履歴、アイテム詳細情報の編集、売買完了時の共有・アーカイブ機能などをリリース。このアップデートが功を奏し、売上ランキングにはショッピングカテゴリで2位に躍り出た。

[App Annieより]

12月27日現在では、OfferUpが、ショッピングカテゴリで売上ランキング1位にランクインしている。

### OfferUp VS Letgo VS Craigslist

#### ユニーク訪問者数は?

WSJによれば、Craigslistのユニーク訪問者数は前年比7%増の7,000万以上。一方、OfferUpは前年比171%増の1,300万、Letgoは前年比199%増の1,200万。

また、Craigslistの業績は、2015年で、売上が3億8,100万ドル、利益が3億ドルと推測されている。そのため、OfferUpとLetgoの凄まじい成長は、投資家にも魅力のあるものだ。

さらに、米国の6分の1という市場規模であるフランスのクラシファイドサービス『Leboncoin』は、2015年の売上が1億8,000万ユーロ、営業利益率は62%と言われている。

なお、クラシファイドサービスは、Facebookも米国とカナダの2億2,600万人向けに試験サービスを運用するなど、注目が集まっている。