スマホの即時現金化サービス「スママダッシュ」、サービスリリース!

壊れたスマホも即時現金化可能


株式会社ジラフ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:麻生輝明)は、検品済携帯のフリマサイト「スマホのマーケット(略称:スママ)」において、出品予定の中古スマートフォン端末を即現金化できるサービス「スママダッシュ」を開始した。

「スママダッシュ」の特徴
①スマートフォンに特化した即時買取サービス。即時買取サービスでのスマホの取り扱いは日本初となる。
②スマホのマーケットというマーケットプレイスを運営している。
これにより出品者は、売りたい中古端末を即現金化するのか、自分の希望する価格で販売するのか選べるようになる。これは双方の価格交渉により、買い手にも安く買えるメリットがある。
③壊れているジャンクスマホも出品可能で、壊れたものをアプリ買取サービスにて即時現金化できるのは業界初となる。

現金化サービスの時代

現金払いサービスが2017年から人気を博している。みなさんにも1日で果てしない価格現金化され、買取停止をしたCASHの事例は記憶に新しいだろう。
めんどくさい見積もりや、価格商談などの体験をショートカットする「思考停止者向けサービス」がユーザーの需要とマッチし、素早く現金化という時代の流れを作っている。

このような即時現金化サービスには、
昨年DMMグループ入りしたCASH、
フリマアプリのメルカリのメルカリNOWがある。2社のサービスと今回のスママダッシュはどのように違うのか。
また、既存の他社中古買取との差などに焦点を当て比較していきたい。

アプリの即時買取サービス3社

新規参入の「スママダッシュ」

扱う製品はスマホのみだが、誰もが使うスマホで、2年契約で買い替える人なども多い。古くなるものを下取りに出すとき、携帯キャリアに出すのか、スママダッシュに出すのか、となっていくのではないだろうか。また、壊れていても買取、かつ即時現金化可能であることから、現金を即欲しい層からすると、掘り出した端末などの現金化はかなり魅力がある。

買取り金額の上限:100万円/日
1取引の買取り金額の上限:4万円/台
利用料金:無料
審査:本人確認書類の画像アップロード等

広く買取「CASH」最低買取価格は1,000円から

CASHは、インターネットビジネスの企画・開発・運営を行っているバンクが手掛けるサービス。自分が保有するあらゆるアイテムを瞬間的にキャッシュ(現金)に変えることができ、アイテムをキャッシュに変えるまでに要する時間はほんの数秒。面倒な審査や手続きなども不要で、ジャンルレスなサービスは現在これのみ。

また、2017年11月27日より最低買取価格が1,000円と設定されたので、どんなアイテムを査定しても買取金額は1,000円以上となる。

・サービス開始時間:朝10時~/午後8時~(2回)
・対象商品:衣類、バック、シューズ、ファッション雑貨、財布/小物、時計、アクセサリー、帽子(ブランド一覧に記載があるもの)
・査定額:1,000円 ~20,000円
(※買取限度額は翌日の朝10時、夜8時にリセットされる )
・1日の上限買取額:1,000万円
・銀行差し引き手数料:250円

フリマアプリの新サービス「メルカリNOW」

フリマアプリ「メルカリ」の即時買取サービス「メルカリNOW」。メルカリNOWは、売りたい物のブランドやカテゴリを入力してスマホで撮影するだけで瞬時に査定額を表示、即時現金化してくれるサービス。

メルカリのグループ会社「ソウゾウ」が運営する。メルカリは現在、全世界のダウンロード数が9,000万件(日本6,000万、米国3,000万)を突破するほど、大きな市場を形成。そのアプリ内でメルカリNOWを利用することができるので、利用者の数ではCASHを上回っている。現在までの総現金化金額も表示される。

・サービス開始時間:午前10時から(1日1回のみ)
・対象商品:衣類、靴、帽子、バッグ、小物、時計(※ブランド一覧に記載があるもの)
・査定額:~20,000円(※買取限度額は翌日の朝10時にリセットされる)
・1日の上限買取金額:1,000万円

・銀行差し引き手数料:(1万円未満)210円、(1万円以上)無料

メルカリNOWの最低査定額については公表されていない。

上記から、まず上記2社ではスマホを扱っていないので、優位性はあると思われる。

スママダッシュリリースに当たって、株式会社ジラフ代表の麻生さんにお話を聞いてみた。

「壊れていたり、画面が割れている、いわゆるジャンクスマホを買取できます。

そのため、中古市場で販売する上でネックとなる査定価格などを店舗に持って行ったり電話で商談することなく、買取価格を得ることができます。

ユーザーは、端末出品時の情報入力に併せてこのオプションのチェックボックスに✓を入れることで、サービスに申し込み、端末の査定はスマホのマーケットの運営元のジラフがを行います。

ユーザーが査定金額を承諾する場合は、そのまま買取手続きに進むところは他社と同じ。査定にあたっては、サイト内の過去の取引データやジラフが別途運営している買取価格比較サイト「ヒカカク!」での買取領域の知見を最大限に活用します。買取り金額は、即座に売上金機能に入金し、振込申請機能から出金可能です。」(麻生氏)

算定価格も一般のところよりヒカカクの経験から高くつけることが可能になるだろう。
是非皆さんも、一度査定してみてはいかがだろうか。

株式会社ジラフ

代表取締役社長兼CEO 麻生 輝明
設立      2014年10月
所在地     〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-15
古物商番号      東京都公安委員会 第303311606477号
サービス

ヒカカク!

     

最安修理ドットコム

スマホのマーケット