スマホで経費精算が完結!「freee」の経費精算機能がフルリニューアル!

freee株式会社が運営する「クラウド会計ソフト freee」は、2016年10月下旬より、経費精算機能をリニューアルすることを発表した。これは、改正電子帳簿保存法の平成28年度スキャナ保存要件緩和に対応するもので、2017年1月1日より、スマートフォン・デジタルカメラで撮影された証憑の電子保存が可能となり、スマホで完結する経費精算機能の提供を実現する。加えて電子帳簿保存法の申請書類テンプレートの提供を開始したことも明かした。

freee株式会社が運営する「クラウド会計ソフト freee」は、10月6日、2016年10月下旬より、経費精算機能をリニューアルすることを発表した。これは、改正電子帳簿保存法の平成28年度スキャナ保存要件緩和に対応するもので、2017年1月1日より、スマートフォン・デジタルカメラで撮影された証憑の電子保存が可能となり、スマホで完結する経費精算機能の提供を実現する。加えて電子帳簿保存法の申請書類テンプレートの提供を開始したことも明かした。

### スキャナ保存要件緩和により、スマートフォンを使った簡単な経費精算業務が可能に

平成28年度の税制改正により、電子帳簿保存法のスキャナ保存要件が緩和されました。この緩和により、従来は認められていなかったスマートフォン・デジタルカメラで撮影された証憑の電子保存が、2017年1月1日より認められるようになる。

freeeでは、2016年内に「クラウド会計ソフト freee」のモバイルアプリを含めたすべてのサービスで本緩和に対応するだけでなく、電子帳簿保存申請のためのテンプレートも公開し、クラウド完結型社会の実現を推進する。

### 平成28年度税制改正に対応、スマートフォンで完結する経費精算機能の実現へ

freeeは、2016年5月より、”クラウドERP”というコンセプトを掲げ、経費精算・販売管理などを含めた、統合業務システムを提供。その中、経費精算業務は電子帳簿保存法のスキャナ要件緩和によって大幅に効率化が可能と考え、本緩和に先駆けて経費精算機能の大幅なリニューアルを実施。

「クラウド会計ソフト freee」では、受け取った領収書やレシートをスマートフォンで撮影し、freee 上にアップロード、そのまま経費精算申請が可能。2017年1月以降は、証憑として領収書やレシートの原本の提出が不要となるため、スマートフォンのみで完結する経費精算を実現。これにより、煩わしい押印処理や紙証憑の管理をなくすことで、従業員・経理担当者双方の業務が大きく効率化できる。

freee株式会社

「クラウド会計ソフト freee」