スポーツインターネットメディア「SPORTS BULL」がKDDI、朝日新聞、ABCフロンティアホールディングスから資金調達

株式会社運動通信社は、KDDI株式会社、株式会社朝日新聞社、株式会社ABCフロンティアホールディングスを引受先とする第三者割当増資を実施し、KDDIとは運動通信社が運営するスポーツインターネットメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」)で協業契約を締結したことを発表。

株式会社運動通信社](https://sportsbull.jp/about/company/){: target=”_blank”}は、11月10日、KDDI株式会社、株式会社朝日新聞社、株式会社ABCフロンティアホールディングスを引受先とする第三者割当増資を実施し、KDDIとは運動通信社が運営するスポーツインターネットメディア「[SPORTS BULL(スポーツブル)」)で協業契約を締結したことを発表。

さらに、朝日新聞社、ABCフロンティアホールディングスとは、多岐に渡るスポーツコンテンツの提供や、コンテンツ制作のサポートを中心に、「SPORTS BULL」の更なる成長につながる様な連携を実施する予定。

「SPORTS BULL」は、ユーザーのスポーツ関心度の高さに関わらず、広くスポーツを楽しむ文化を創造することを目指し、様々なスポーツに関するコンテンツを配信する無料インターネットメディア。

https://www.facebook.com/sportsbull/posts/1801712666776732

「SPORTS BULL」では、2016年4月より「運動通信」としてサービスを開始。2016年10月には、さらに幅広いユーザーに親しんでもらえるサービスになるため、「SPORTS BULL」に名称を改め、フルリニューアルを実施。

今回の資金調達及び協業によって、運動通信社は、「SPORTS BULL」を日本最大のスポーツインターネットメディアとして成長させていきたい考えだ。

また、サッカー日本代表チームの映像コンテンツを配信するサッカーニュースメディア「LEGENDS STADIUM(レジェンドスタジアム)」と協業することも明かした。

これによって、サッカー日本代表戦の試合ハイライト動画をはじめとする動画コンテンツを「SPORTS BULL」でも無料で閲覧することができるようになる。