スペースシェアのマーケットプレイス「スペースマーケット」、オプトベンチャーズやオリックスなどから総額約4億円を資金調達

球場からお寺までユニークなスペースを簡単にネットで1時間単位から貸し借りできるマーケットプレイス「スペースマーケット」を運営する株式会社スペースマーケットは、株式会社オプトベンチャーズやオリックス株式会社などから総額約4億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

球場からお寺までユニークなスペースを簡単にネットで1時間単位から貸し借りできるマーケットプレイス「スペースマーケット」を運営する株式会社スペースマーケットは、8月29日、総額約4億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

今回のラウンドには、株式会社オプトベンチャーズ、株式会社リクルートストラテジックパートナーズ、みずほキャピタル株式会社、SBIインベストメント株式会社、オリックス株式会社が参加した。

スペースマーケットは、「世界中のあらゆるスペースを自由に流通させることで、新たな価値を創造する」というミッションの元、2014年4月にマーケットプレイスを立ち上げ。2014年10月に総額約1億円の資金調達を実施している。

スペースマーケットでは、全国の遊休スペース・ユニークスペースの活用に向け、様々な個人や企業、地方自治体との連携・アライアンスを拡大。結果、取扱いスペース数は、過去2年間で10倍以上まで伸び、現在8,000を超え、売上・利用者数ともに成長し続けている。

今回の資金調達により、スペースマーケットは、主力事業の更なる拡張のための投資に加え、優秀な人材の採用強化を加速し、中・長期的な事業・経営基盤の強化を図り、シェアリングエコノミー市場を牽引するべく、事業拡大に邁進していきたい考えだ。