スペインBBVA、フィンランドのFinTech企業Holviを買収

スペインの大手銀行グループビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(Banco Bilbao Vizcaya Argentaria, S.A.、BBVA)<NYSE: BBVA>は、3月7日、フィンランド・ヘルシンキのFinTech企業Holviの買収を完了した、と発表した。

BBVA_Holvi

スペインの大手銀行グループビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(Banco Bilbao Vizcaya Argentaria, S.A.、BBVA)<NYSE: BBVA>は、3月7日、フィンランド・ヘルシンキのFinTech企業Holviの買収を完了した、と発表した。買収契約の詳細については明らかにされていない。

今回の買収により、BBVAは、グループ全体の事業スピードを加速化させ、同社の事業ポートフォリオを拡張していきたい考えだ。

Holviは、2011年、Kristoffer Lawson氏、Tuomas Toivonen氏、Teemu Hukkanen氏によって「Banking for Makers and Doers」をビジョンに設立された会社。中小企業向けに、伝統的な銀行業が行う販売・請求書発行・キャッシュフロー管理などの金融取引をオンラインのプラットフォームにてシンプルかつより人間が管理しやすい形で提供する。なお、今回の買収以降も、Holviのチームはフィンランド・ヘルシンキを拠点に活動する。

今回の買収について、BBVAのNew Digital Businesses部門でChief Development Officer兼ゼネラルマネージャーを務めるTeppo Paavola氏は、

BBVAはHolviがチームに参画することを楽しみにしています。私たちは顧客にとって有益な技術についてビジョンを共有しています。Holviは中小企業向けの銀行業として新しいアプローチをデジタル上で提供しています。彼らは事業者が将来的に必要不可欠な請求書の発行などにも対応しています。

と述べ、HolviのCEOであるJohan Lorenzen氏は、

Holvは強力で理想的で信頼できるBBAというパートナーをみつけました。BBVAは銀行業界の中でもデジタル分野への理解が深いです。彼らはさらなる事業拡大と事業の成長可能性のためにデジタル分野は必要不可欠なものだと理解しています。

と語り、両社の専門事業領域である銀行業においてそれぞれの考えが一致し、買収合意に結びついたことを明かした。

また、BBVAにとって、今回の買収は同社の戦略で非常に重要な役割を担う。同社は、今年(2016年)に入ってから、

* 米国・サンフランシスコと英国・ロンドンに拠点をもつFinTechに特化したベンチャーキャピタル(VC)Propel Venture Partnersに2億5,000万ドル(約283億5,200万円)

を投資している他、2015年には、

* 英国で初めてスマートフォンだけに対応したモバイルバンキングAtomに戦略的投資を実行して29.5%の株式取得
* 米国西海岸のユーザーエクスペリエンス(UX)企業Spring Studioを買収

さらに、2014年には、

* ビッグデータとクラウドコンピューティング事業を専門とするMadiva Solucionesを買収
* ポートランド・オレゴンの米国の金融業の改革に挑むモバイルバンキングSimpleを買収

しており、金融業界の中でも銀行業と技術の融合を実現する新興企業に積極的に投資している。

今回の買収によって、BBVAが、FinTechの分野でさらに重要な立ち位置になることは間違いないだろう。