ストレスチェックにおける従業員登録の工数を大幅削減 IBSの「はたらく人のストレス対策」とクラウド労務ソフト「SmartHR」が連携を開始

総合人材サービス・パーソルグループのインテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)社が提供する、ストレスチェック制度対応とコーピングによるメンタル対策ソリューション 「はたらく人のストレス対策」と、KUFU社が提供する社会保険や雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「SmartHR」が、連携を開始する。

総合人材サービス・パーソルグループのインテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)社が提供する、ストレスチェック制度対応とコーピングによるメンタル対策ソリューション 「はたらく人のストレス対策」と、KUFU社が提供する社会保険や雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「SmartHR」が、本日より連携を開始する。

「はたらく人のストレス対策」とは、厚生労働省推奨の「職業性ストレス調査票(57項目)」を使ったストレスチェックの他、自身のストレスの癖に気づき、メンタルを鍛えるための「コーピング(ストレスを適切にコントロールする対処行動のこと)」まで実施が可能。義務化されたストレスチェック制度に対応している他、結果数値を用いた集団分析も可能で、役職別、事業所別、部署別等の詳細分析まで対応、今まで活用が難しかった匿名のデータを活用し、職場改善に活かすことができる。 

今回の業務連携では、「SmartHR」導入企業が、「はたらく人のストレス対策」を利用する場合、「SmartHR」に登録されている従業員データをワンクリックで取り込み、ストレスチェック制度に遵守したストレスチェックを実施できるようになる。これにより、今まで人事・労務担当者に負荷がかかっていた、ストレスチェック制度のための従業員データ登録工数が大幅に削減できる。

今後は、まず連携初期段階において、SmartHRからの従業員データの取り込みにより、ストレスチェック制度対応の実施において利便性を図る。将来的には、労働基準局への制度対応報告に係る手続きをSmartHRに集約化、ストレスチェック制度の法令範囲内で職場の労務データを可視化して職場改善につなげることができる機能の開発を予定している。