シンガポールSaaS企業Ematic Solutions、約1億円調達…インドネシアへ進出

Eメールマーケティングソリューションを提供する、シンガポールのSaaS企業Ematic Solutionsは、MDI VenturesよりプレシリーズAで100万ドル(約1億1,392万円)を調達し、インドネシア・ジャカルタに拠点を設けたことを発表した。

Ematic Solutions
Eメールマーケティングソリューションを提供する、シンガポールのSaaS企業Ematic Solutionsは、2月26日、プレシリーズAで100万ドル(約1億1,392万円)を調達した、と発表した。今回のラウンドで、資金調達額は累計200万ドル(約2億2,784万円)となった。

今回のラウンドには、Telkom Indonesiaのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)のMDI Venturesが参加した。

また、同社は、同日、インドネシア・ジャカルタに拠点を設けたことを発表した。

同社によれば、インドネシアのインターネット人口は東南アジアの中で最も高く7,300万で、アジアの17%を占める、という。また、インドネシアのEC事業は急成長中で、2016年にはインドネシア国内でのECの売上が前年比65.6%増加の52億9000万ドル(約6,026億3,700万円)にまで拡大する、と見込まれる。

今回のジャカルタオフィスの開店を機に、同社は、インドネシアのEC事業社へデジタルマーケティングの支援を積極的に実施していきたい、としている。