シルバーウィークに向け、アソビューとKADOKAWAがコンテンツ連携開始

日本最大の遊びのマーケットプレイス「asoview!」を運営するアソビュー株式会社と、株式会社KADOKAWAは、本日、レジャー施設のお得なペーパーレスチケット販売とアクティビティ予約で連携を開始することを発表。

日本最大の遊びのマーケットプレイス「asoview!」を運営するアソビュー株式会社と、株式会社KADOKAWAは、本日(9月16日)、レジャー施設のお得なペーパーレスチケット販売とアクティビティ予約で連携を開始することを発表。

今年のシルバーウィークは飛び石連休となり、長期旅行以外にも、近場で、日帰りで楽しめるレジャーやアクティビティの需要が高まることが予想される。

アソビューは、KADOKAWAの運営する「ウォーカープラス」にて、スマホひとつで決済から入場まで完結するレジャー施設のペーパーレスチケット、およびアクティビティの情報を提供。これにより、3,400万人のウォーカープラスユーザーは、ウォーカープラスで出かけ先を決め、その場でチケットの購入やアクティビティの予約をすることが可能となる。

第一弾の取り組みとして、シルバーウィークに向け、ウォーカープラスの中でも人気のある8つのレジャー施設情報ページに、asoview!で販売しているお得なペーパーレスチケットの情報を提供する。

また、コラボ記事として、直前でも予約できる人気のアクティビティ情報を発信。ウォーカープラスユーザーは興味を持ったアクティビティをリアルタイムで予約することが可能になる。

今後は、asoview!に掲載している4,100店舗のペーパーレスチケットおよびアクティビティの情報を全て連携し、さらに増加するプランとも随時連携を進める予定。

これにより、お出かけ情報の一次取得から、購入・予約までがワンストップで完結することを可能にし、ユーザーの利便性向上に貢献していきたい考えだ。