シリコンスタジオ、2016年熊本大震災の影響を受けプライムスイッチ株を同社代表へ株式譲渡

シリコンスタジオは、持分法非適用会社であるプライムスイッチ株式会社の全株式を譲渡することを決定。今回の株式譲渡によって、シリコンスタジオは、プライムスイッチ株67株を、譲渡価格335万円で譲渡する。

シリコンスタジオは、11月15日開催の取締役会において、持分法非適用会社であるプライムスイッチ株式会社の全株式を、2016年11月末日(予定)で譲渡することを決定。

シリコンスタジオは、2011年10月にWEB広告事業及びWEBメディア企画・開発等の連携を目的として、プライムスイッチへ出資し、成長戦略を着実に進めてきた。今回の株式譲渡は、2016年熊本大震災の影響を受け、プライムスイッチ代表内村安里氏の今後の方向性や資産効率等を総合的に検討した結果、内村氏への株式譲渡が最良の選択であるとの決断に至ったという。

今回の株式譲渡によって、シリコンスタジオは、プライムスイッチ株67株を、譲渡価格335万円で譲渡する。