シャープ・さくらインターネット・ABBALab、IoTベンチャー企業向け「モノづくり研修」を11月よりスタート

シャープ株式会社は、IoTベンチャー企業を対象とする合宿形式のモノづくり研修「SHARP IoT. make Bootcamp supported by さくらインターネット」を、11月から年4回を目標に奈良県・天理 市にあるシャープ総合開発セ ンターで実施することを発表した。同日より専用サイトにおいて参加企業の募集を開始する。参加費用は1社2名の参加で85万円。

シャープ株式会社は、本日(10月12日)、IoTベンチャー企業を対象とする合宿形式のモノづくり研修「SHARP IoT. make Bootcamp supported by さくらインターネット」を、11月から年4回を目標に奈良県・天理 市にあるシャープ総合開発セ ンターで実施することを発表した。同日より専用サイトにおいて参加企業の募集を開始する。参加費用は1社2名の参加で85万円。

「SHARP IoT. make Bootcamp supported by さくらインターネット」には、国内データセンター大手のさくらインターネット株式会社、IoT事業の スタートアップ企業支援する投資ファンドである株式会社ABBALabが支援する。具体的には、さくらインターネットが、IoT時代に必須となるソフト/ サーバー技術およびプラットフォームなどを解説し、ABBALabが投資ファンドの立場から解説する。

「SHARP IoT. make Bootcamp supported by さくらインターネット」は、1回あたり10日間で約70時間にのぼる多彩なプログラムが用意されている。この研修では、シャープが、100 年以上に渡ってメーカーとして培ってきた量産設計や品質・信 頼性確保などモノづくりの技術・ノウハウを、現役技術者らが講師となって伝授する。

今回の研修の開催によって、シャープ、さくらインターネットとABBALabは、研修に参加するベンチャー 企業との交流を通じて社内の創業精神を高め、将来的に社内からベンチャー企業を輩出するような企業風土の醸成を図りたい考えだ。

SHARP IoT. make Bootcamp supported by さくらインターネット