サウザンドクレイン、デルタマーケティングから総額約1億円を資金調達

株式会社サウザンドクレインは、株式会社デルタマーケティングを引受先とする第三者割当増資により、総額1億125万3,500円の資金を調達すると共に、資本業務提携を締結したことを発表した。

株式会社サウザンドクレインは、8月9日、株式会社デルタマーケティングを引受先とする第三者割当増資により、総額1億125万3,500円の資金を調達すると共に、資本業務提携を締結したことを発表した。

サウザンドクレインは、マーケティングエージェントとして企業向けに総合的なマーケティング支援を行う会社。ダイレクトマーケティング事業、広告代理事業、アライアンス事業 、BPO事業の四つの事業を戦略事業の基盤と位置付け、事業を展開中。

今回の資本業務提携によって、サウザンドクレインは、「世界70億人へアプローチするグローバルマーケティングプラットフォーム」というビジョンの実現に向けさらなる企業価値の向上に努めるとしている。

なお、サウザンドクレインは、同時に、データエントリー事業(ベトナム)を株式会社デルタマーケティング様に移管することで、同社グループの強みであるコールセンター事業により集中するとのこと。