サイバーエージェント、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger」が「ロボットサービス事業部」を新設…ソフトバンクとPepper for Bizの協業代理店契約を締結

サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger」を提供する株式会社AIメッセンジャーにおいて、ソフトバンク株式会社とPepper for Bizの協業代理店契約を締結し、「ロボットサービス事業部」を設立したと発表。


サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger」を提供する株式会社AIメッセンジャーにおいて、ソフトバンク株式会社とPepper for Bizの協業代理店契約を締結し、「ロボットサービス事業部」を設立したと発表

AIメッセンジャーでは、新たに「ロボットサービス事業部」を設立し、ソフトバンクとのPepper for Biz協業代理店契約締結のもと、企業向けPepperの販売とPepperを活用したソリューションサービスの提供を開始する。これにより、すでにサービス提供する「AI Messenger」における知見の活用や、人工知能・機械学習を研究する「AI Lab」との連携を通して、人とロボットのコミュニケーション分野において、新しい価値を提供していきたい考えだ。

なお、今後は、Pepperに限らず他のコミュニケーションロボットの販売対応を進めると共に、「AI Lab」の知見及び産学連携で進めてきた研究・開発を活かした更なるソリューションサービス展開を目指すとのこと。