サイバーエージェント、人工知能のアドテクノロジー活用を図る「AI Lab」と東京工業大学が産学連携

サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能(AI)をアドテクノロジーに活用するためのAI研究組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」において、東京工業大学と産学連携を開始したと発表。


サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能(AI)をアドテクノロジーに活用するためのAI研究組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」において、東京工業大学と産学連携を開始したと発表

「AI Lab」は、人工知能を活用したアドテクノロジーの広告配信技術の研究・開発を目的に2016年1月に設立した研究開発組織。アドテクスタジオでは、2016年7月より、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger」を提供しており、この会話エンジンも「AI Lab」にて研究・開発を行う。

今回「AI Lab」では、「AI Messenger」の会話エンジンにおける、キャラクター性の付与を自動化するための「発話のキャラクター変換技術」の研究を目的に、東京工業大学と産学連携を行い、東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 教授 奥村学氏並びに同准教授 高村大也氏と共同研究を開始する。これにより、様々なキャラクターを持ったチャットボットの作成が容易になり、企業のブランドキャラクターやユーザーの属性(性別や方言など)に合わせたチャットボットを生み出し、対話することが可能になる。

なお、「AI Lab」は、2016年1月の設立以来、これまで、東京大学、明治大学、静岡大学、電気通信大学、米イェール大学と産学連携を実施しており、新たに東京工業大学と産学連携したことで、計6つの大学と各AI分野において研究を行えるようになった。