サイバーエージェント、ブランド広告企業向け広告配信サービス「CA本部DSP」と アドベリフィケーションツール「Blackswan」が連携

サイバーエージェントは、提供するブランド広告企業向け広告配信サービス「CA本部DSP」において、Momentumの提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」と連携し、広告配信に伴うブランド価値毀損を回避する機能を追加した、と発表した。

サイバーエージェントは、提供するブランド広告企業向け広告配信サービス「CA本部DSP」において、Momentumの提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」と連携し、広告配信に伴うブランド価値毀損を回避する機能を追加した、と発表した。

「BlackSwan」では、適切・不適切な広告掲載面を、ブランド広告企業の業種毎に判別する広告自動判別機能を持ち合わせる。ブランド価値毀損に繋がるような、ニュース記事やブログ記事などといったコンテキストの判別も可能にし、ブランド価値毀損を未然に回避する。

また「CA本部DSP」では、ブランドマーケティングの効果指標となるターゲットリーチやビューアビリティ(視認性)、ブランドリフト(態度変容)を向上する当社独自の新たなアルゴリズムを開発し、ブランド広告効果に特化している。

これにより、最大約1,000億impの月間在庫に対して、「BlackSwan」の広告自動判別機能を連携させることで、より効率的な広告配信を可能にし、高度なブランドセーフティーを保ちながら、ブランドリフトの効果最大化を実現していきたい考えだ。