サイバーエージェント、スマートフォン動画アドネットワーク「LODEO」でタテ型広告枠を活用した新動画フォーマットを提供開始

サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、スマートフォンに特化した動画アドネットワーク「LODEO(ロデオ)」において、タテ型広告枠を活用した新しい動画フォーマット「ダブルパネル」と「フリックパネル」の提供を開始したと発表。

サイバーエージェント](https://www.cyberagent.co.jp/){: target=”_blank”}のアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、[12月12日、スマートフォンに特化した動画アドネットワーク「LODEO(ロデオ)」において、タテ型広告枠を活用した新しい動画フォーマット「ダブルパネル」と「フリックパネル」の提供を開始したと発表。

今回発表した「ダブルパネル」「フリックパネル」では、スマートフォンの画面の90%以上の占有面積を活用したアドフォーマットで、タテ型広告枠を活用し、訴求力の高い動画を多彩な表現にて配信するという。これにより、動画の訴求力を向上させながらも、ユーザーのメディア閲覧をできる限り阻害しない仕様で広告を配信できるようになる。

以下、プレスリリースより掲載。

### ダブルパネル

LODEOのタテ型の枠を活用し、中央に「アスペクト比 16:9」の横型動画、上下にクリッカブルなバナーパネルを配置するアドフォーマット。中央の動画は自動再生となっておりTVCMなどの横型動画をそのまま活用できる。横型動画をバナーパネルで囲むことで、動画・静止画を活用した多彩な表現にて、商品を訴求することができる。

### フリックパネル

LODEOのタテ型の枠を活用し、上部に「アスペクト比 16:9」の横型動画、下部に横フリック可能な正方形型バナーパネルを複数設置するアドフォーマット。上部の動画は自動再生となっておりTVCMなどの横型動画をそのまま活用できる。下部のバナーバネルは、動画再生用のサムネイル画像、ランディングページ誘導用の静止画像を設置することができる。また、動画再生用サムネイルをタップすると、上部の横型動画枠にて、当該動画がそのまま再生される仕様となっている。そのため、複数の動画を一つの広告枠にてユーザーに届けることができ、マルチリンクにて適切なサイトへ誘導することが可能。