ゴールドアイピーが総額1.28億円を資金調達 AIを活用したリーガルテクノロジーで知的財産サービスを加速へ

リーガルテクノロジーを用いた知的財産関連IT企業ゴールドアイピーは、未来創生ファンド(スパークス・グループを運営者とし、トヨタ自動車、三井住友銀行を主要投資家とする 19社の出資で運用)、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルおよび三生キャピタルより、1億2,800万円の出資を受けたことを発表した。


リーガルテクノロジーを用いた知的財産関連IT企業ゴールドアイピーは、未来創生ファンド(スパークス・グループを運営者とし、トヨタ自動車、三井住友銀行を主要投資家とする19社の出資で運用)、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルおよび三生キャピタルより、1億2,800万円の出資を受けたことを発表した。

同社は、これまで「日本発のイノベーションを届けよう世界へ!」という信念のもと、海外での知的財産の取得、人工知能を用いた知的財産の活用サポートの提案を行なっている。

今回の資金調達によって、海外への特許出願を望む企業と、海外の弁護士・弁理士を直接結びつける日本初のコミュニケーションサービス「アイピーダイレクト」の開発・提供を加速させるとともに、人工知能(AI)を用いた知財価値評価システムのサービスの提供、AIを搭載した法律ロボット「リーガロボ」の提供推進に充当する予定だ。

加えて、ゴールドアイピークラブを発足させる等、知的財産とエンターテイメントとの融合を目指したマーケティングやプロモーション活動を展開する計画である。