コロプラ・コロプラネクスト、30歳以下の起業家を育成支援する「次世代起業家ファンド」を新設…第1号は自動返信型チャットツール運営のhachidoriへ出資

コロプラおよび、コロプラの100%子会社で投資事業を展開するコロプラネクストは、30歳以下の起業家を支援する「コロプラネクスト3号ファンド投資事業組合(「コロプラネクスト次世代起業家ファンド」)」を設立したことを発表した。また、自動返信型チャットツールを提供するhachidoriへの出資を第1号案件として完了したことも明かした。

コロプラおよび、コロプラの100%子会社で投資事業を展開するコロプラネクストは、30歳以下の起業家を支援する「コロプラネクスト3号ファンド投資事業組合(「コロプラネクスト次世代起業家ファンド」)」を設立したことを発表した。

コロプラネクストが現在運用している、学生起業家支援に特化した「コロプラネクスト1号投資事業有限責任組合」では、15社に対して投資を実行済み。そのうち複数社がすでに追加出資を受けるなど投資先評価の向上が確認できているという。

今回、さらなる投資対象の拡大を図るため、国内外にある30歳以下の起業家支援を目的とした「コロプラネクスト次世代起業家ファンド」を組成。このファンドでは、シード・アーリーステージにあるスタートアップへの出資や、成長を続ける既存投資先への追加出資が主となる。

また、今回のファンド設立を受け、問い合わせ・接客の効率化およびマーケティング活用を目的に、自動返信型チャットツールを提供するhachidoriへの出資を第1号案件として完了したことも明かした。