グーグル、クラウドコマースプラットフォームOrbiteraを買収

グーグルは、クラウドコマースプラットフォームOrbiteraを買収した、と発表した。買収条件の詳細については明らかにされていない。

グーグルは、8月8日、クラウドコマースプラットフォームOrbiteraを買収した、と発表した。買収条件の詳細については明らかにされていない。

Orbiteraは、2011年に設立された会社。ECサービスの売買をクラウドベースでシンプル・シームレス・スケーラブルにするコマースプラットフォームを開発する。独立系ソフトウェアベンダー、サービスプロバイダー、IT企業は、Orbiteraを利用すれば、マネタイズ、パッケージ、価格の最適化などのプロセスを自動化できる。現在、顧客数は6万以上。

今回の買収によって、グーグルは、Google Cloud Platformだけではなく、様々な企業向けクラウドサービスを強化していきたい考えだ。