グリー、子会社が米国のゲーム開発会社PerBlueを子会社化…逆三角合併による株式取得

グリー株式会社は、米国PerBlue, Inc.との間で、PerBlueを存続会社として、連結子会社であるGREE International Entertainment, Inc.が合併のために設立する新会社Parrot Merger, Inc.との合併を行うことでPerBlueをGREE International Entertainmentの完全子会社とする旨を決議したことを発表。

グリー株式会社は、本日(10月6日)開催の取締役会において、米国PerBlue, Inc.との間で、PerBlueを存続会社として、連結子会社であるGREE International Entertainment, Inc.が合併のために設立する新会社Parrot Merger, Inc.との合併を行うことでPerBlueをGREE International Entertainmentの完全子会社とする旨を決議したことを発表。

PerBlueは、2008年、米国ウィスコンシン州に設立された会社。「DragonSoul」を中心に複数の有力ゲームタイトルを開発・運営している。

「DragonSoul」は、高水準のグラフィックス、キャラクター、ソーシャル性の要素を併せ持つミッドコア層向けのRPGゲーム。

「DragonSoul」では、2015年7月の配信開始以降、累計900万ダウンロードを突破。App Store、Google Playでのユーザーレビューでも高い評価を得ている、成長中のタイトルだ。

今回の株式取得後、グリーは、GREE International Entertainmentが培ってきたミッドコアジャンルのプロダクト運営能力やマーケティング能力等のノウハウを活用し、欧米市場における「DragonSoul」の更なるユーザー層の拡大および売上成長に取り組んでいく。

さらに、グリーでは、GREE International Entertainmentが運営する既存タイトルで成功しているイベントの移植などによる相乗効果、「DragonSoul」のコンテンポラリーなRPGゲームエンジン取得による開発力の強化、等を通じた海外事業の発展を進めていきたい考えだ。

また今回の株式取得は、米国デラウェア州会社法の規定に従った、現金を対価とした「逆三角合併」方式によるもの。今回の株式取得によって、GREE International Entertainmentは、「DragonSoul」に関わる一切の権利を承継する。

株式取得の前に、PerBlueの「DragonSoul」以外の全事業に関わる一切の権利関係等および全ての従業員等はグループ外の別会社に譲渡、移転され、GREE International Entertainmentはこれを取得しないという。

その上で、PerBlueの株主はGREE International Entertainmentより現金を受け取り、PerBlueの株式は全て消却される。

一方、GREE International Entertainmentが所有するParrot Mergerの株式は、存続会社PerBlueの普通株式に転換され、GREE International Entertainmentはそ
の全てを取得する。

これにより、GREE International Entertainmentは、合併後の存続会社PerBlueの発行済み株式100%を取得し、
PerBlueは、グリー及びGREE International Entertainmentの完全子会社化する。