クールジャパン機構とCipher Investment 、中東進出を支援…第1弾は「築地銀だこ」

クールジャパン機構は、6月20日 アラブ首長国連邦のCipher Investment L.L.C.とともに、日系外食・小売企業の中東での多店舗展開事業に取り組むため、1,000万AED(約3億円)の出資を決定した、と発表した。また、クールジャパン機構は、同日、「Cipher Nippon Investment」の第一弾として、たこ焼き製造・販売チェーン「築地銀だこ」をメインブランドとする株式会社ホットランドとフランチャイズ契約を締結したことも明かした。

DESCRIPTION

クールジャパン機構は、6月20日
アラブ首長国連邦のCipher Investment L.L.C.とともに、日系外食・小売企業の中東での多店舗展開事業に取り組むため、1,000万AED(約3億円)の出資を決定した、と発表した。

今回の資金調達によって、クールジャパン機構とCipher Investment は、両社が共同出資する「Cipher Nippon Investment L.L.C.」がプラットフォームになり、様々な日系外食・小売企業の店舗をフランチャイズ形式等で展開する予定だ。

今後は、まずアラブ首長国連邦にてブランドを確立した後、他の湾岸協力理事会(GCC)諸国や北アフリカ地域への展開も目指すという。

また、クールジャパン機構は、同日、「Cipher Nippon Investment」の第一弾として、たこ焼き製造・販売チェーン「築地銀だこ」をメインブランドとする株式会社ホットランドとフランチャイズ契約を締結したことも明かした。これにより、ホットランドは初めて中東進出をすることになる。

クールジャパン機構は、「Cipher Nippon Investment」を通じ、中東及びイスラム圏において市場開拓の先駆けとなる日系外食・小売企業を多く創出するとともに、人々の生活に身近な「食」・「小売」の分野でジャパン・ブランドが深く浸透していきたい考えだ。