クレジットカード不要の自動決済GoCardless、シリーズCで約15億円を資金調達

英国・ロンドンを拠点にクレジットカード不要で直接自動決済ができるデビットネットワークを提供するGoCardlessは、1,300万ドル(約14億7,680万円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は累計2,480万ドル(約28億1,728万円)となった。

DESCRIPTION
英国・ロンドンを拠点にクレジットカード不要で直接自動決済ができるデビットネットワークを提供するGoCardlessは、3月23日、1,300万ドル(約14億7,680万円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は累計2,480万ドル(約28億1,728万円)となった。

今回のラウンドは、Notion Capitalがリードで、既存投資家のBalderton Capital、Accel Partners、Passion Capitalが参加した。今回のラウンドで、Notion Capitalはボードメンバーとして参加する。

同社は、2010年、オックスフォード大学の卒業生であるHiroki Takeuchi氏、Tom Blomfield氏、Matt Robinson氏によって設立された会社。インターネット時代に最適な新しい決済ネットワークの構築を目指す。2011年夏には、Y Combinatorのサマーバッジ(YC S10)に採択された。

同社では、中小企業向けに、クレジットカードやデビットカードを使わず、店舗と銀行を直接つないで支払い入金処理できるダイレクトデビットネットワークを提供する。

同社のサービスを利用すると、ユーザーの支払いは自動的にユーザーの銀行口座から引き落とされ、入金は店舗の銀行口座へ自動送金される。

同サービスは、中小企業、個人運営のジム、米国のP2Pレンディングサービス「Funding Circle」などで利用されている。これまでに、1年あたり1万6,000店舗から1,000万回の支払いで10億ポンド(約1,623億5,400万円)以上の支払い入金処理を行った。

中小企業にとって、同サービスは、デジタル時代に最適な口座振替システムの一面をもつ。なお、同サービスによる決済は年次成長率5.8%で増加している、とのこと。

また、同社は、同日、①中小企業向けに口座振替をよりオープン化するために新商品の開発、②来月4月にダッシュボード画面の刷新、さらに、③スペイン、オランダ、スペインでサービスの開始、についても明らかにした。

同社の事業進捗をみると、フランス、ドイツ市場で成長が著しい。特に、フランス市場では英国でリリースした当初よりも速いスピードで事業が成長している。顧客にはHabitat & La Fourchette、提携先にはMangopayがある。一方、ドイツ市場ではrankingCoachやbetahaus Hamburgなど提携先の支払い入金処理が多く、事業に貢献している。なお、同社によれば、ドイツ有数の会計ソフトウェアDebitoorとの提携が決まっており、ドイツ市場はさらなる伸びが期待できる、とのこと。

今回の資金調達によって、同社は、英国と欧州を中心に展開中のプロダクトを改善し、さらに、グローバル展開を目指したい考えだ。