クルーズ、クラウドナインの第三者割当増資引き受け…開発体制強化へ

クルーズ株式会社<東証JQS: 2138>は、株式会社クラウドナインの第三者割当増資を引き受けることを決定した、と発表した。今回の出資によって、クルーズは、より強固な開発体制を構築していきたい考えだ。

crooz
クルーズ株式会社<東証JQS: 2138>は、4月15日、株式会社クラウドナインの第三者割当増資を引き受けることを決定した、と発表した。

クラウドナインは、2014年に設立し、現在役職員15名のスマートフォンゲームアプリのの企画、開発、運営を行う開発会社。小森隆輝氏が代表取締役CEOをつとめ、株式会社gloopsにてソーシャルゲーム事業本部長を務め数々のヒット作を生み出してきたプロデューサーである加藤寛之氏(代表取締役COO)といったスマートフォン向けゲーム開発の精鋭が集まり組成された。

今回の出資によって、クルーズは、より強固な開発体制を構築していきたい考えだ。