クラウド会計データを利用した日本初のビジネスローンを開始…freeeとジャパンネット銀行が業務提携

株式会社ジャパンネット銀行は、freee株式会社と業務提携し、freee社が提供する「クラウド会計ソフト freee」のユーザーを対象とした事業性ローン「ビジネスローン(freee会員専用)」の取り扱いを開始することを発表した。なお、クラウド会計データを用いた審査・融資は日本初の取り組み。

株式会社ジャパンネット銀行は、10月25日より、freee株式会社と業務提携し、freee社が提供する「クラウド会計ソフト freee」のユーザーを対象とした事業性ローン「ビジネスローン(freee会員専用)」の取り扱いを開始することを発表した。なお、クラウド会計データを用いた審査・融資は日本初の取り組み(2016年10月時点 ジャパンネット銀行調べ)。

ジャパンネット銀行の「ビジネスローン」は、2015年1月に開始した、法人・営業性個人(個人事業者)を対象とした決算書不要・非対面型の融資サービス。これまで、Yahoo!ショッピング・ヤフオク!ストア出店者向けに、売上データ(商流データ)による審査・融資を行ってきた。

今回の業務提携によって、従来のトランザクション・レンディングに加えて、freee社の持つユーザー各社の会計データを用いた審査・融資を行うことが可能となる。「クラウド会計ソフト freee」には、請求書や債権・債務の期日管理や消し込み・支払い状況を把握できる機能が搭載されており、より事業の実態に即した融資の判断ができる。

具体的には、freee社のユーザー企業であれば、「ビジネスローン」のお申込時に、会社の基礎データや決算データを入力する手間がなく、また、担保も不要のため、インターネットのみで簡単に手続きが完了する。一方、ジャパンネット銀行に口座をもつユーザーの場合は、最短で当日中に審査結果を回答、翌営業日には融資が可能。