クラウドワークス、新サービス「WoWme(ワオミー)」の事前登録開始…趣味や作品、アイデアなど「個人の得意」を売買

株式会社クラウドワークスは、10月17日より、個人の作品、スキル、特徴、趣味、生き方、アイデアなどあらゆる「得意」を出品でき、誰でもそれを買うことができる新サービス「WoWme(ワオミー)」の事前登録を開始したことを発表した。なお、事前登録期間は10月17日〜11月10日で、サービスリリース日は11月15日を予定。

株式会社クラウドワークスは、10月17日より、個人の作品、スキル、特徴、趣味、生き方、アイデアなどあらゆる「得意」を出品でき、誰でもそれを買うことができる新サービス「WoWme(ワオミー)」の事前登録を開始したことを発表した。なお、事前登録期間は10月17日〜11月10日で、サービスリリース日は11月15日を予定。

クラウドワークスは、「働き方革命」をビジョンに、全国の企業と個人をつなぎ、時間や場所にとらわれずに働く機会を提供する日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営。2016年8月時点で、ユーザー数が100万人を突破している。

今回、新サービス「WoWme」のリリースによって、クラウドワークスでは、個人の働く選択肢をさらに広げるべく、企業が個人に仕事を発注する企業主導型の「クラウドワークス」に対し、個人主導型で知識や経験などをサービスと見立て、個人間で売り買いをするCtoCのマーケットプレイスを新たにリリースすることを決定した、という。

これにより、クラウドワークスは、これまで仕事にするには時間や心理的ハードルが高いと思われた個人が有する「ちょっとした得意や趣味」で収入を得る機会創出の実現を目指したい考えだ。

### 新サービス「WoWme(ワオミー)」

WoWme」は、自らのスキルや知識、経験などをサービスと見立てて出品し、それを必要とする個人が購入者となる、個人主導型のCtoCオンラインマーケット。例えば、子育てや旅行プランなど日常生活のちょっとした悩み・相談から、アプリ開発やWEBデザインなどビジネスシーンで活用可能なスキルなど、全180以上ものカテゴリーから、「得意」を出品・購入することが可能。また出品者は自由に価格を設定することができ、一般の方からプロフェッショナルの方まで利用のし易い仕様となっている。

また「WoWme」では、出品したサービスが売れた際にかかる販売手数料を当面、無料とするそうだ。(電話形式の場合は電話システム利用料50円/分、購入時はシステム利用料3%が必要)

なお、事前登録キャンペーンでは、11月10日までに出品登録を行うと、出品するサービスを自由な価格で出品可能(類似サービスの出品限度額:オンライン形式10,000円/電話形式100円(分))。