<速報>クラウドワークス、投資育成事業へ本格参入…子会社「クラウドワークスベンチャーズ」設立、代表は元ソフトバンクIRチームマネージャーの表氏

クラウドワークスは、100%子会社を設立し投資育成事業へ本格的に参入することを決定。今回設置する子会社は、名称がクラウドワークスベンチャーズ、代表には表一剛氏が就任する。

クラウドワークスは、11月10日、100%子会社を設立し投資育成事業へ本格的に参入することを決定。

今回新たに設置する子会社は「クラウドワークスベンチャーズ」。主に国内外におけるクラウドソーシング事業及びその周辺事業へ投資する。

また、クラウドワークスベンチャーズの代表には表一剛氏が就任する。表氏は、元ソフトバンクのIRチームマネージャーで、7月にはクラウドワークスの社長室長に就任していた人物だ。

今回の投資育成事業への本格参入について、クラウドワークスは、グループのミッションである『“働く”を通して人々に笑顔を』の実現、及び、既存事業にとらわれず、非連続な成長を継続することで総合的な企業価値の向上を図るため。

これにより、クラウドワークスは、同社グループのクラウドソーシング市場でのノウハウや事業基盤を活かし、投資先企業の企業価値向上と、それによるリターン獲得及び投資先企業とのシナジー創出を行う考えだ。